広告 学ぶ(投資等)

ビットコイン半減期はいつ?2024年の価格を占う必要知識

2024年1月31日

ビットコイン半減期はいつ?2024年の価格を占う必要知識

暗号資産(仮想通貨)に投資している人にとって見逃せないイベント、4回目のビットコイン(BTC)の半減期が迫ってきています。時期としては、次回の半減期は2024年4月に起こると予想されています。

この記事では、「ビットコインの半減期とは何か」を理解したうえで、2024年4月に起こる予定の4回目のビットコイン半減期にどう備えていけば良いかお伝えします。

読者の皆様が資産を守る&増やすための参考にして頂けると嬉しいです。

この記事でわかること

・そもそもビットコインとは何か
・ビットコインの半減期とは?
・過去の半減期で価格がどう動いたか?
・2024年半減期にむけてやっておくべきことは?

そもそもビットコインとは何か

ビットコイン(BTC)とは世界初のデジタル通貨!

ビットコインは世界で初のブロックチェーンを基盤としたデジタル通貨です。その大きな特徴は、法定通貨で言うところの中央銀行といった管理者が存在しないことです。

主に、送金・決済・投資などで使用されており、2024年時点では全世界で最も時価総額が高い暗号資産(仮想通貨)として知られています。

ビットコイン(BTC)と電子マネーの違い

ビットコインのことを理解してもらうために、電子マネーと比較してみました。

電子マネービットコイン
通貨ではない通貨
価格が固定価格が変動する
送金不可送金可能
日本だけで使える世界中で使える
企業が発行発行体がない

暗号資産であるビットコインは、電子マネーと大きく異なります。「通貨価値をデジタルデータとして記録したもの」という点は共通しています。

電子マネーは各種のプリペイドカードのように、国が発行した通貨をデジタル化したものです。皆様が電車で使えっているSuicaは、日本円を電子マネー化したICカードです。

中央銀行が存在しない

ビットコインは、日本円やアメリカドルのように、国家や中央銀行が通貨として発行し、その価値を保証しているわけではありません。

市場動向を見て流通量を調整したり、取引に介入したりする中央銀行がビットコインには存在しません。例えば、日本ならば日本銀行、米国ならばFRBに相当する管理組織が存在しないのです。

国家という権威から離れた場所で、中央集権的な管理を受けない通貨がビットコインの目指した姿であり、大きな特徴と言えます。

ビットコインの取引情報は、世界中に散らばる無数のPCやスマホといった端末によって記録が共有され、情報の整合性やセキュリティが担保されています。

国家という権威ではなくって、取引を行う世界中のユーザーからの信頼によって、ビットコインの価値は保たれているのです。

発行枚数に上限がある

ビットコインは誕生した当時から、発行枚数が2,100万枚と決められています。これは、ビットコインの仕様であり、予めプログラムに組み込まれていますので、それ以上発行されることはありません。

通貨は過剰に発行してしまうとやがて市場にその通貨が溢れてしまい、価値を下げることになります。ビットコインはそうした懸念もあって、あらかじめ発行枚数の上限が決められているのです。

発行上限が予め決められていることが、ビットコインの将来的な値上がりの予測や、それによる投機的な傾向に繋がっているとも言えます。

統計(ストックフローモデル)を用いたビットコインの将来価格予想は以下の記事で説明しています。

ビットコインの半減期とは?

ビットコインは分散型システムのもと発行される。マイナー(採掘者)と呼ばれる人々がコンピューターシステムを使い、ブロックチェーンという台帳上の取引を検証するために暗号パズルを解きます。その報酬として、新たに作成されたビットコインを受け取ります。

ビットコインのマイニングは一種の競争です。マイナーたちは互いに競い合ってブロックチェーンに新しいブロックを追加する。ブロックを追加するごとに、報酬として一定数の新しいビットコインがそのマイナーに与えられます。

ビットコインの創始者は、約4年ごとにブロック追加の報酬が半分になるようにプログラムを組んだのです。

マイニングの報酬は21万ブロックが追加されるごとに半減します。現在、その量のブロックを追加するには4年ほどかかるため、これまでビットコインの半減期はおよそ4年間隔で発生してきました。

過去の半減期で価格がどう動いたか?

過去のデータを見ると、ビットコインの半減期とビットコイン価格の上昇には相関関係があります。これまでの3度の半減期前後に見られた価格変動を以下にまとめます。

1回目の半減期(2012年)

2012年11月に最初の半減期の時にビットコインの価格は約1550円でした。それが1年以内に100倍に上がりました。

2目の半減期(2016年)

2016年7月、2度目の半減期が発生しました。ビットコインの価格は数カ月間、約7万900円から約14万2000円の間で推移したのち、2017年12月までには約284万円まで上がりました。

3目の半減期(2020年)

3度目の半減期は2020年5月に発生し、このときも価格の急上昇をもたらしました。半減期の発生時、ビットコインはおよそ約128万円で取引されていたが、年末までには約425万円まで上昇しました。

全てのビットコインが発行されたらどうなる?

最後の半減期は2140年に起こると予測されています。

その後のマイニング報酬はビットコインという形では与えられなくなります。

ブロックチェーン上で取引を続けるインセンティブを維持するために、ビットコインを売買する際の取引手数料が引き続きマイナーに報酬として付与されることになります。

よって半減期が終了してもビットコインは消滅することはないと言われています。

2024年4月に予定されている4回目の半減期後の価格予想をしています。

 

ビットコインの税金対策(出口戦略)

ビットコイン等の仮想通貨は「累進課税方式」が取られており、所得により15~55%(住民税10%含む)の範囲で税率が決まります。 つまり、ビットコインは高所得者ほど税負担が大きくなります。 ※株式やFXはその他の所得と別に計算される「分離課税」。

年間の所得金額に応じた所得税率

わが家では僕(44才)と妻(35才)が共に仮想通貨に投資しています。それぞれの出口戦略を以下共有します。

ビットコイン(仮想通貨)の税制度に対しての出口戦略

■僕のビットコイン出口戦略
基本的に老後までは売却しない。老後に収入が減ったタイミングで195万未満の範囲で利益確定することで、5%の税率に抑える。
ただし税制の改定があって分離課税になるようなことがあれば老後前に利益確定するように計画変更する。

■妻のビットコイン出口戦略
年間20万円までを利益確定していくことで所得税がゼロに抑えらえれる(確定申告が不要になる)のでその範囲で売却。売却したお金で毎年家族旅行を計画する。

半減期にむけてやっておくべきことは?

過去の3回の半減期のビットコインの価格への影響から考えると2024年4月の半減期の後もビットコイン価格は上昇すると考えるのが普通ではないでしょうか。

まだビットコイン(BTC)等の仮想通貨に投資をしたことがない方は、ビットコインを持っていないこと自体がデメリットになるかもしれません。

後になって『あの時少しでもビットコインを買っておけば』って思わないでいいように、僕は資産全体の3%から5%の範囲でビットコインへの投資をお勧めしています。

僕のポートフォリオ(資産内訳)は以下の記事で説明していますので読んでみてください。

ビットコインへの投資はこの取引所がオススメ

僕自身、仮想通貨は3つの取引所に分散して保持しています。5年間それぞれの取引所を利用してきて、ユーザ視点でのランキングをつけたのでお伝えします。

仮想通貨取引所ランキング

参考までに他社比較サイトのランキングも僕のものと同じでした。
※引用元:MINKABU

1位:GMOコイン 初めての方はまずここで間違いなし

GMOコインをお勧めする理由

メリット①
手数料がとにかく安い
メリット②
暗号資産の取引所ランキングで断トツ1位の大手IT企業である
メリット③
アプリがとても使いやすい

以下から口座開設に進めます。

ビットコインが100円から最短10分で買える!/

GMOコイン 公式ホームページはこちら

 

アプリのチャートイメージはこんな感じ。とっても使いやすい!
MACD等も表示できるので上級者でも満足できます。

 

GMOコインの口コミ

■良い口コミ

43才男性の口コミ
取り扱っている仮想通貨の種類が豊富なところが良い。
メジャーな仮想通貨だけでなくマイナーな仮想通貨まで取り扱われており、多くの仮想通貨を取引したい場合にはGMOコインの口座開設は必須だと思います。スマホアプリも高性能で使いやすい。

32才女性の口コミ
GMOコインを利用するメリットは、日本円の出金手数料と仮想通貨の出金(送金)手数料が無料ということだと思う。

37才男性の口コミ
色々な仮想通貨取引のアプリをやってみて、スマホアプリの中ではGMOコインが圧倒的に使いやすい。チャートが本当に見やすい。

■悪い口コミ

46才男性の口コミ
出金手数料は無料だが、最低出金額が1万円以上となっている点は利用者にとってデメリットだと思う。

28才男性の口コミ
最低出金額が1万円からになっているので、ここはもう少し最低出金額を引き下げてもらいたいです。

 

2位:DMM Bitcoin 大手の安心感で選ぶなら

DMM Bitcoinをお勧めする理由

メリット①
手数料がとにかく安い(入金手数料・出金手数料・送金手数料が無料であり、さらに取引手数料(BTC)も無料)
メリット②
アプリの使い勝手が良い(シンプルかつ簡単に発注ができるスマートフォン用アプリがある。)
メリット③
24時間365日対応のサポートサービス(24時間365日、問い合わせフォームやLINEからの問い合わせに応じるサポート体制)

以下から口座開設(最短一時間で完了)に進めます。

\今なら口座開設で即時で1,000円もらえちゃいます!/

DMM Bitcoin 公式ホームページはこちら

 

アプリのチャートイメージはこんな感じ。シンプルで見やすい!

 

DMM Bitcoinの口コミ

■良い口コミ

45才男性の口コミ
DMM Bitcoinを選定した一番の理由としては、取引手数料が安い、です。DMMである大手が運営されていることもありますので、カスタマーサービスが365日対応でLineでも気軽に質問できる点も魅力的。

31才女性の口コミ
DMM Bitcoinでお得だなと思えた内容は、クリック入金や、出金等、各種手数料が無料でお得であると言う内容でした。特にクイック入金が無料であったり、出金手数料が無料である点は、他の取引所では中々実現できない内容なので、DMM Bitcoinで良かったと思いました。

37才男性の口コミ
色々な仮想通貨取引のアプリをやってみて初めて分かる事だけお、スマホアプリというプラットフォームの中ではDMM Bitcoinが圧倒的に使いやすい。1番肝心なチャートが本当に見やすい。

48才男性の口コミ
苦情や相談に関しては電話できるので安心感もある。ビットコインの様々なリスクや注意事項も分かりやすく、金融知識が浅い人にとっても安心して判断できそうです。

■悪い口コミ

35才男性の口コミ
DMM Bitcoinは取引コストを安く抑えられる取引所のサービスを提供していない。その代わりとして、販売所と取引所のハイブリッドであるオリジナルの注文方法「BitMatch注文」があるので問題ないんだけど。

40才女性の口コミ
仮想通貨の入金サービスには特段の問題はないが、出金サービスには手続きの完了までに時間がかかり過ぎるという難点がある。原則として3営業日(土日祝日を除く)以内」に設定されている。

 

3位:コインチェック 以前に不正アクセスを受けことで大きく改善

DMM Bitcoinをお勧めする理由

メリット①
29種類もの仮想通貨を取り扱っている
メリット②
アプリの使い勝手が良い
メリット③
少額から仮想通貨取引を始められる(500円から)

以下から口座開設(最短1日で完了)に進めます。

コインチェック 公式ホームページはこちら

 

アプリのチャートイメージはこんな感じ。クールなデザイン!

コインチェックの口コミ

■良い口コミ

38才男性の口コミ
アプリの利便性が高く、取扱暗号資産も圧倒的に多い。初心者には優先して開設したい取引所です。

30代女性の口コミ
チャートが見やすいこと、不明点をHP内で解決することができるため愛用しています。

48才男性の口コミ
以前に不正アクセスを受けて改善がされたと聞いているので安心できる。

■悪い口コミ

35才男性の口コミ
スプレッドが他の仮想通貨販売所に比べて高い。長期保有前提ならいいと思う。

40才男性の口コミ
レバレッジの取引ができないのが残念だった。

 

\👇リンクから公式ホームページに進めます/
悩んだら複数開設してから使ってみて選ぶのでも良いかと!
(僕自身3つとも開設済です)

仮想通貨取引所ランキング

最後に

ビットコイン半減期について、理解いただけましたのでしょうか。

記事の中で説明した通り、ビットコインは『持たないことがデメリット』になるかもしれないと考えています。自分のリスク許容度の範囲内で資産の3%から5%程度保持しておくことをお勧めします。

本記事で紹介したビットコインへの投資を取り入れて、サイドFIREに必要な5,000万円を達成しました。わが家4人家族のサイドFIRE計画は以下を読んでみてください。

𝕏ではサイドFIRE前・後の投資戦略、マイクロ法人設立、ブログでは発信しないようなサイドFIREの日常を発信しています。

ブログ記事に対しての感想や質問等をもらえたらすごく嬉しいです。是非以下のリンクから遊びに来てください。

ひろの𝕏リンク:Hiro_HASYG

2024/5/12追記ブログ村に参加しました!↓ポチッとしていただけたら励みになります!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

DMM Bitcoin

人気記事

40代でFIRE!おすすめのポートフォリオと投資戦略を解説 1
40代でFIRE!おすすめのポートフォリオと投資戦略を解説 2
リバランスによる年間利回りの改善を検証! 【投資初心者でも簡単】 3
2024年4月 ビットコイン半減期後の価格予想! 歴史は繰り返す 4
マイクロ法人の銀行口座社会保険料自動振替対応ネット銀行一択! 5
FIRE【早期退職】家族は反対する?実例を告白! 6
失敗しない不動産投資 大家さんになるまで3ステップを解説 7
投資スクールGFS無料講座 バフェッサ・ハルイチ 特典まとめ 8
セキスイハイムマイホーム公開! やってよかったこと【10選】 9
FIRE資産形成に欠かせない分散投資&リバランス威力を解説! 10
FIREのデメリット社会的信用を失わない方法とは? 11
自宅をタダで建てた! 不動産投資でFIRE 【収支実例公開!】 12
税理士なしでマイクロ法人を3期回したしんじろうさんから学ぶ 13
40代で早期退職! FIRE必要資金と生活費6か月間実例公開 14
FIRE半年経過「社会との繋がり」がなくなるリスクの現実を告白 15
夢のマイホーム後悔しない方法!ハウスメーカー10社見積比較 16
40代5000万円サイドFIRE半年経過後の資産と現実を告白 17
マイクロ法人設立 社会保険料65万円改善 【売上なしでOK】 18
FIRE達成者の実例から学ぶ! FIREが目指すべきゴールなのかわかります 19
これがデイトレの世界だ! 初心者が1日5千円 稼ぐ方法を学ぶ 20

-学ぶ(投資等)